Install this theme

先日、バスに乗っていると3歳くらいの可愛い男の子と父親が乗車してきた。知りたい盛りの男の子の
「あれなにー?」
「なんでー?」
攻撃に、父親が一つ一つ丁寧に答えていて微笑ましい光景だった。ふと周囲を見たら、他の乗客も自分と同じように親子を生暖かく見守っていた。しかし、男の子の次の発言でほっこり空気が一変し、突然車内に緊張感が走ることになる。

「ねぇねぇパパ~、あのさ~、なんでちんちんはきちゃないのに、きのうママはパパのちんちんをぺろぺろしてたのー!?」

よりによってバスはアイドリングストップ型であり、ちょうど信号待ちで車内がシーンとした瞬間の出来事だった。もはや誰も聞こえなかったふりなどできなかった。「空気が張り詰める」という表現は比喩ではなく事実であると実感した瞬間だった。

父親は冷静に「おっ、スカイツリーだ!」と窓の外のスカイツリーを指差した。どうやら注意逸らし作戦を遂行するようだった。男の子は「ほんとだー!!!!」と歓声を上げ、無事ミッションは成功したようだった。とたんに車内の空気がほぐれ、思わずため息が漏れた。しかしそれは束の間の休息に過ぎなかった。

「すかいつりーってなにかちんちんみたいだね」

奴の思考はちんちんから離れてなどいなかったのだ。強引にちんちんの話題に引き戻した男の子は、まだ答えをもらえていない質問を再度父親に繰り返したのだった。再び緊張感に包まれた周囲とは裏腹に、父親は変わらず冷静だった。
「お!今度は都電荒川線だ!」
と、タイミング良く近くを通った路面電車に注意を向けた。これは大成功だった。男の子は図鑑で見たのと一緒だと大興奮していた。その様子を見て、もう大丈夫だろうと乗客一同胸をなでおろした。興奮した男の子は父親に得意気に語っていた。

子「ああいうでんしゃを『ちんちんでんしゃ』っていうんだよ。パパしってたー?」
父「しらなかったよ。よくそんなことしってるね」
子「なんかさー、ちんちんでんしゃって・・・『ちんちん』だってー!ぶふふふふ・・・・・・ねーなんでママはパパのちんちんぺろぺろしてたのー?」

父「今度はそうきたか」

最後の父親の冷静な一言に、乗客のにーちゃんが吹き出した。自分も限界だった。それを合図に車内中で爆笑が起きた。
殺伐とした都会で起きた奇跡。妙な連帯感に包まれた、不思議な出来事だった。